新築を考える

関西から引っ越しを考えたのが3年前。このときは全く新築を考えていなかった。常にワンルームのマンションに住んでいて実家も借家。そんな自分には新築を建てることは莫大な借金を抱えることと同じことだと思っていた。何かあれば引っ越せないし、誰かが住まないとひたすらマイナス。そんなマイナスなイメージが先行し新築を考えることはなかった。しかしあるバイトをしてから木の家を作る工務店を知った。その家は100%国産木材を使用し、間取りもとても広く感じた。設計にもこだわりを感じりびングとキッチンが一緒になった広い間取り。これが僕の求めているものだと思って、新築を考えた。新築で家を建てるのもなかなか良いかもしれない。個人的には広い家が好きだ。広い家はたくさんいろいろなものがおけるし、人も呼ぶことが出来る。それに広い家の方が個人的には落ち着く。そんな家のほうがすみたい。誰だって狭い家に好んで住んでいるわけじゃない。早く引っ越して新築を建てたい。ローンを抱えるには少し早いけれどもそれでも新築を建てたい。そういえば前聞いた新築の工務店は岐阜にあると聞いたけれど岐阜のどこだったかな?県外に出張して建ててくれるならとても助かるのだが…