家に刻む家族の歴史

こんにちは!先日、初めてご契約を頂いたY様の解体工事のお祓いを行ってきました。永らく住んだ家を取り壊す・・・簡単に言いますが、これってとっても大きな行事ですよね。そこの家に刻まれた歴史を一度リセットする。特にY様のお父様は、感慨深げでした。一番私にとって印象的だったのは、その家の柱に家族の身長が刻まれていたことです。昔は私も祖母の家でやっていました。これぞまさにその家に刻まれた家族の歩みですよね。これから家が建つのでとてもうれしい反面、やっぱりさみしい思いもありますね。ですがその分、「新しい住まいでもご家族皆さんの楽しい歴史が刻まれるように、私もしっかりと頑張らないと!!そうしないとこの前の家に怒らてしまう!!」と、決意を新たにすることができました。新しい住まいでも、ぜひ柱にお子様の背丈を刻んでほしいと思います♪そんな素晴らしい住まいになるよう、ますますY様のために頑張ります!!Y様、今後ともよろしくお願いいたします。こんにちは!今朝、自分のデスクでPCをカチャカチャしていると、二階から何やら楽しそうな声が・・・・・・おーい、どうしたのー?すると・・・・・じゃーん!!なんとエプロン姿!一年目君に至ってはどこかでワインとか出してそう!これは、「住宅に関わるものとして、まず必要なのは『生活力』だ!」と考えた会長が、「朝活」ということで、料理や家事を教えているのだそうです。一年目のみんなは今日がその初日ということで、とても楽しみながらやっていて、見ていて朝から元気をもらいました♪♪さて、二年目になった私ははたして生活力はあるのか・・・こっそり「家事しっかりしよう・・・」と思った朝の一コマでした。岐阜でリノベーション